訪問看護

訪問看護ステーション

ご自宅で安心して、医療が受けられる。
それが訪問看護です。

看護師がかかりつけ医師の指示に基づいて、ご自宅を訪問して適切な看護サービスを提供します。 お年寄りや、お年寄り以外でも病状が安定して在宅で療養されている方の家庭を看護師が定期的に訪問して、自立生活の補助を行うのが訪問看護です。

主なサービス

リハビリテーションの実施と相談

病気や事故により失語症・構音障害など「言葉をうまく出てこない」方々に対して、言語聴覚士による言語訓練を行います。また、様々なコミュニケーション機器の提案を行います。
病気や加齢により、日常生活で大切な食事についても「うまく食べられない」「口から食べたい」といった症状をもつ利用者様にも、必要な訓練やアドバイスを行いながら、よりよく生活ができるように支援します。

リハビリ

24時間対応ターミナルケア・家族等の支援

痛みや倦怠感・苦痛緩和の看護・医療処置を行い、ご本人の願いに添えるよう調整します。
ご家族の介護負担を軽減してご本人にとって安全で安楽な介護方法を助言し、緊急時の対応を行います。

ターミナルケア

病状・障害の観察

血圧・体温・脈拍はどの測定、心身の状態を観察し、異常の早期発見や再発防止に勤めます。

服薬管理

薬の効果確認や副作用の観察、服薬に関する助言を行います。

医療的処置の実施・相談指導

在宅酸素療法、吸引、膀胱留置カテーテルの管理、ストーマケア、床ずれ予防・処置、点滴、中心静脈栄養法、胃ろうチューブの管理等、ご本人・ご家族にあった介護技術指導を行います。

かかりつけ医・サービス事業者との連絡・調整

病状に関して、主治医と連携します。ケアマネジャーやサービス事業者・行政等と連携を取り、利用者が自立した生活を送れるように相談・助言を行います。

療養生活指導

ライフスタイルを整え、悪化の予防・健康状態の維持・改善を図ります。

認知証・精神障害のケア

心身の状態観察・服薬・コミュニケーションの援助や生活リズムの調整など、相談・援助と看護を行います。

日常生活の支援

食事・排泄の援助、入力・清拭・洗髪等、身体の清潔に関する援助、皮膚のトラブルやスキンケア・医師の指示に基づき処置も行います。

ご利用料金

訪問看護には「介護保険」と「医療保険」が適用できます。 どちらで訪問看護サービスを受ける場合においても、かかりつけ医の「指示書」が必要となります。

医療保険適用の場合

計算方法

基本料金は「訪問看護基本療養費」または「精神科訪問看護基本療養費」と「訪問看護管理療養費」の合計、「訪問看護基本療養費」と「訪問看護情報提供療養費」は利用者の合意により加算されます。週4回以上は特別指示書が必要。医療保険証の種類によって負担率が変わります。

訪問看護基本療養費(一日につき)
ご利用項目 利用料(円) 自己負担額の目安(円)
1割 2割 3割
基本療養費(Ⅰ)※ 週3回まで 5,550 550 1,110 1,665
週4回以降 6,550 650 1,310 1,965

※訪問看護指示書および訪問看護計画書に基づき、サービスを提供した場合の基本療養費

精神科訪問看護基本療養費(一日につき)
ご利用項目 利用料(円) 自己負担額の目安(円)
1割 2割 3割
基本療養費(Ⅰ)※ 週3回まで
30分未満
4,250 425 850 1,275
週3回まで
30分以上
5,550 555 1,110 1,665
週4回以降
30分未満
5,100 510 1,020 1,530
週4回以降
30分以上
6,550 650 1,310 1,965

※訪問看護指示書および訪問看護計画書に基づき、サービスを提供した場合の基本療養費

訪問看護管理療養費(1日につき)
ご利用項目 利用料(円) 自己負担額の目安(円)
1割 2割 3割
訪問初日 7,400 740 1,480 2,220
2日目以降(298×訪問日数) 2,980 298 596 894

※ほかに、訪問看護基本療養費の加算などがあります。

介護保険適用の場合

基本料
サービス内容 利用者負担(1回あたり)
20分未満 332円
30分未満 497円
30分~1時間未満 873円
1時間~1時間未満 1,196円

※ほかに、加算などがあります。

お問い合わせ